早速の小説更新

こんばんは。ロクです。

え? HPの日記的なこれの書き出しって、こんな感じで良かったっけ?
もう思い出せない。

ともあれ、久しぶりに小説を書きました。
『ヒルルイと葉柱家』

正直、萌えドコロが完全に迷子になっているというか、復帰第一弾がコレってのは、いったいどういう方向へ向かってるの? みたいな感じです。
まぁ、やりたい放題楽しくやろう。

まだ新しいサイトに浮かれた気分が戻りません。
ただなんか、スマホから見たら、この日記部分の文字が変。

「ま/す」が「〼」に、「ペ/ー/ジ」などは勝手に2バイト文字になって表示される。
PCだと普通なんだけど。
なんでなんで。
誰から見てもそうなってるの!? コワイ!

急に浮かれてギャル文字みたいなの使い出した人みたいになってる。
違うんだよ、とだけ、言わせてください。

しかし原因を調べる気力が今はない。
世界が進化しすぎてついていけないわぁ。

▼以下、なんか昔を思い出したら語りたくなった私のしみじみ思い出話。

このサイトを開設した当初は、まだ「ブログ」というものがそこまで一般的ではなく、同人の個人サイトといえば皆HPでした。

「★☆★○○のHPへようこそ!★☆★」という蛍光黄緑の文字が右から左に流れてお出迎えされ、そして流れる音楽(MIDI)。
マウスカーソルには、なにかキラキラしたものがついてくる。

設置されたアクセスカウンターと設定された「キリ番」。
そして掲げられる「踏み逃げ禁止」。

どのサイトにもBBSがあって、サイト管理者と閲覧者の交流は主にそこで行われた。
後に「WEB拍手」が爆発的に広がって、BBSはだんだん廃れていくのである。

ツイッターなどのSNSが広がった今も、HPには「WEB拍手」は割と残っているように思う。
「クリック一つでアクションがもらえる」というのは、誰か見てくれてるかな?どうかな?といつも気にしているサイト管理者にとって、やはり魅力的なのだろう。

そういう時代を過ごしてきたこのサイトですが、お引越しにあたって、いろいろ時代を意識しました。

特に「レスポンシブ」。
やはり今の時代、スマートフォンから見れなければ、人は見てくれないのである。

PCからでも、タブレットからでも、スマートフォンからでも。
どの端末で見ても、ストレスなく内容が閲覧できるように意識しました。
できてるだろうか。

時代に追いつくのは大変である。
日々勉強。

改めまして、お引越ししました!

お引越ししました!
ローカルに開発環境を作成し、作り終えていざ本番サーバへUPしたところ、次々と発生したエラーに心折れそうになりながらもなんとか完了しました。
だいぶ一時的な処置を含んでおりますが。まぁ、完成。

ドメインもとっちゃいました!
「hardestplus.com」! キャァー。
正直「hardest-plus」とかにしたほうが良かったかと思っていますが、キニシナイ!

サイト開設時、右も左も分からぬ中、ホームページビルダーなどのソフトもなく、ひたすらGoogle先生に聞きながらメモ帳でせっせとhtmlを打ち込んで作成していました。

この度引っ越しと大幅改装により、「PHP」「jQuery」「sass+compass」などの新しい知識を(多少)習得。
今も昔も、Google先生に聞けばなんでもできる。先生は偉大だ。

しかしながら、技術はどうにかなっても、センスはどうにもならないのである。
何この白いサイト!
なんか、ごちゃごちゃと色々試行錯誤したけど、結局どうにもならなくて、
全てあきらめた結果こうなりました。

「WordPress」という流行もの(?)にも手を出しましたが、移行作業が面倒だったので、TOPの日記部分のみに使用して、あとはいつもの通りゴリゴリの手打ちで作成。
しかしこれが、後に悲劇を呼びました。
語らせてくれよ。悲劇だったよ。

更新のお知らせをTwitterでしようと、TwitterCardに手を出しまして。
metaタグの情報を使用するのですが、head部などは共通化したいため、jQueryでページ読み込み後に各ページ用に書き換えるように作成。

が、本番サーバへUP後にチェックしたところ、TwitterCardはブラウザでのクライアント処理前の情報が取得されることが発覚。
ちょっと考えれば、その可能性は存分にあったのに、チラリとも考えなかった……。
jQueryの実装だって結構かかったよ! 昔はなかったからね! 勉強したんだよ! 無駄だったわ!
いや、無駄ではないよ。TOPへ戻るボタンとかもjQueryで作ったよ。大丈夫だよ。

ともあれ、head部をいまさらバラすのは嫌。
というわけで、サーバサイドでの振り分けが必要になりました。
DBの登場です。
久しぶりにSQL文を書きました。
こんなんだったら、最初からMovableTypeとかで全ページ作れば良かったよ。

ただWordPressに便利なclassが用意されていたので、調べてみたらメチャ楽だった。
なんだかんだいって、意外と楽しめました。

でもDB構築までやるんだったら、もっとアレもコレもできたわ。
最初からそうしていれば良かった…………後悔。

つーかWordPressやMovableTypeはスゴイね。
関連記事、読まれてる記事、フィードなど、超簡単に気の利いたブログが作れる。
私がメモ帳でHPを作成しているとき、人はこういうものでサイトやブログを作成していたのだ。
そりゃぁ、私のサイトが古臭く不便であったのも当然だわ。

PHPの導入で、ずっとやめたかったframeもやめて、少しは近代的なサイトになったかと思います。
ただ、現在はツイッターやPixivなど、個人でHPを持つ必要はない時代な感じもします。

それでも好きでやっちゃうんだよなぁ。
見る側からすると、全部Pixivとかに入ってた方が良いのだろうか。

分かってはいるんだけど、HP育ちなので、離れられない。
ポツンとしながらも、これからも頑張ります。

思えば、ツイッターなどが生まれる前は、ネットの中で「私を知る人」=「HPを見てる人」であり、「ロク」という名称よりも「HARDEST+」という名称の方が馴染まれていたと思う。
(同サークル名でイベント出てたってのもあるけど)

今はツイッターが個人名で、そこでフォローしてくれる人もおり、私を知っていても「HARDEST+」というこのサイトを知らない人もいる。
不思議な感じだ。

「HARDEST+(ハーデストプラス)」というサイトをやってます。

どうぞこれからも「HARDEST+」をよろしくお願いします。

二度と陥りたくないのでエラーメモ

■WordPressとその他ページの混在
wordpressのインストールディレクトリとルートディレクトリに注意。
ルートディレクトリ:/
WordPressインストールディレクトリ:/xxx/
ルートのindex.phpに「require( dirname( __FILE__ ) . ‘/xxx/wp-blog-header.php’ );」記述(「/xxx/」追記)
.htaccessもルートディレクトリに移動
レンタルサーバの公開フォルダはルートディレクトリにしておく。
WordPressで設定するWordPressアドレスは、WordPressインストールディレクトリ、サイトアドレスをルートに変更。

■IEでGoogleツールバー使用の場合、WordPress以外のページが表示できない
挙動としては、ファイルが始まってから数百バイトくらいが読み込まれずに途中からになってる。
(のでソースが不完全でページ表示不可。更新毎にどこまで読み込まれるか異なる)
404エラーページなどで同様の現象があるらしい。
とりあえずファイルの先頭にダミーテキストを入れて一時対応。
なんでWordPress以外がそうなるのかは不明。
ちなみに404エラーページは非対応なので、IEだと404エラーはページ表示できず。

■TwitterCardの文字化け
WordPressページ以外のみ文字化け。TOPページ(WordPress)は文字化けしない。
WordPressページ以外が、metaタグに「charset=”utf-8″」を記述してもShift-JISとして扱われてる?っぽい。
.htaccessにutf-8指定してもダメ。
php.iniのdefault_charsetをutf-8に変更で解決。
でもなんでShift-JIS扱いなのかは不明。
(ファイルのエンコードもutf-8なのに……。)

■TwitterCardで各ページの情報が取得できない
TwitterCardはクライアント処理前に取得される。
のでjQueryでmetaタグ書き換えてたけど適用されず。
サーバサイドでの書き換えが必要。
各ページのmeta情報をDBに格納してphpで処理。
変更する際はローカル開発環境と本番サーバのテーブル接頭辞の違いに注意。
あとコンテンツ追加でDBも追加すること。

■XAMPPのMySQL1146エラー
ttp://oxynotes.com/?p=7909

お引越したのですが……

サイトをお引越ししました!
と元気よくご挨拶しようかと思いましたが、一部不具合を修正中。
OGPが上手くっていないので、シェアボタン系がダメです……。
鋭意修正中。

コンテンツを閲覧いただく分には問題ないと思われます。
どうぞぜひご覧ください。

お引越しの各所への通知はなおってから。
あぁー……。

1 6 7 8 9 10