『武蔵から見たルイヒル』修正しました

7/1にメールフォームよりご指摘いただきました「IC21>ルイヒルルイ+α>武蔵から見たルイヒル」のページの誤りを修正しました。
タイトル他が「ヒルルイと葉柱家」になっていたものを修正しています。

ご返信用アドレスの記載がなかったため、こちらでお知らせさせていただきます。
ご指摘誠にありがとうございました。

最近HPどころかツイッターもご無沙汰だったのですが、そろそろ復帰します。
やりたい話は、まだまだ山の様にある。毎回言うよ。まだ無限にあるんだよ。やりたいね。やるよ。

通販開始

スパコミお疲れ様でした!
そしてスパコミ新刊「バニルイ!」の通販を始めました。
HARDEST+BOOTHにてお取り扱いです。よろしければご利用ください。

なんだか、イベント参加が結構久しぶりでした。冬コミ以来? 毎回毎回思うけど、やっぱりイベントに行くと元気になる。

ただ今回は、実は当日までが超不安でした。
小説はWEBでも大量に掲載してるし、もう何冊も出してる。自分でも自分の小説がわりと好き。でもなぜか本にすると、「これ、本当におもしろいかな」「大丈夫かな」という不安がふつふつと湧いてくる。
それでも今までの経験とか、過去にいただけた感想の言葉を思い返したりして「大丈夫おもしろいよ!」と自分に言い聞かせて発行にいたる。

それが、今回は漫画。「今までの経験」とか「過去にいただいた感想」とかなにもない。ただ、不安。不安だけが延々積み重なっていく。不安を覆す手駒がなにもない。
机上に並べて、もし誰の目にも留まらなかったらどうしよう。手に取ってもらえても、中をみてガッカリされたらどうしよう。ずっとそんな不安ばかりで、そういう弱音をツイッターで呟きそうになっては押しとどめたり。

やばい。言い始めたら、また苦しくなってきた。
バニーは、大丈夫でしょうか。

こういう自分の心境を鑑みるに、私は周りからの評価を凄く気にする小心者なんだなぁ、と思う。小物。
でも今その「評価」を待たずに、次また漫画を描いちゃおうとしているあたり、ちょっと豪気でしょ。え?描いちゃうの?でも小説もやりたいー。小説も好きー。わーわー!

誰に何を言われても言われなくても、やりたいことだけやっちゃえるのは、同人の良いところです。

まだもう少し、アイシで戦います。

新刊はバニルイ!

「この3つを本にしたら、満足して同人を終えよう」という「この3つ」が、消化するたびに追加されて全然減らないどころか最近は「この5つ」に増えた。こんばんは。一生オタクです。あ、ロクです。

OFFページを更新しました!
新刊を無事入稿し、スパコミではアイシ初漫画発行となります。
葉柱さんがバニー姿で頑張るお話です。

1月半ばから描き始めたので、ほぼまる三か月かかりました。
漫画は面倒臭いから嫌だなーと思っていたのですが、やってみたら意外と楽しかった。
ひたすらベタをいれてるときとかの「この作業飽きた」感は辛かったし、「やってもやっても終わらない」感もすさまじかったけど、少しづつ進めているうちに、「なんか、ちょっと漫画みたいな感じになってきた」という感覚があって、楽しくやれました。
時間に余裕があったのも良かったんだろうな。どうしても飽き飽きしてるときはやらなかったりもした。

ただ、今脱稿して「原稿が無い」という生活に突入したわけですが、あのー、心が、軽い。ビックリするほど軽い。
この三か月、原稿してるときもしてないときも常に「原稿しなきゃ」が頭の片隅にあって、苦痛だと思ってたわけじゃないけど、それがなくなるとまー軽い。
あー。楽ー。なんか、身も心も楽。
しばらくは何もしたくない。
多分イベント行ったら、そこの熱気にあてられて「なんかやりたい!」ってなるだろうから、それまではダラダラ凄そうかと思います。

チロルだけ作るかな。バニーチロルかな。

原稿の寄り道

ずっと漫画の原稿をしていますが、小説が書きたくなって小説を書きました。
小説好きだなー。

そしていつもの甘えん坊ヒル魔。
カッコイイヒル魔さんが好きなんだけどなー。なぜか甘えん坊ばかり生まれる不思議。

あのー、絵を描くのって、「この萌えを伝えたいので図解したい」とか「頑張ったので見てほしい」とか「褒めてほしい」とか色々あるけど、根本的に「絵を描くという作業が楽しい」というのが、あると思うの。
なんで楽しいのか、理由は分からないんだけど。まぁ多分、絵を描いてるとき、脳からなんか気持ち良い物質が出てるんだろう。

で、それとまるまる同じことが、小説にも言えると思うのよ。萌えを形にしたいとか、人に伝えたい、共有したいというのもあるけど、「小説を書く作業」は、楽しい。頭の中で構成を考えて文章を構築しそれを打ち出してているとき、脳内麻薬がバンバン出ている。

300P小説を書いていたとき、長期間集中的に小説を書いたことにより数か月麻薬漬けだったわけで、私はもう末期の文字書きジャンキーです。
書きたい……小説が……書きたい…………。

短編で一瞬発散しましたが、やはり長編が書きたい。
長編を書いているときの「整理しきれない構成で頭の中が圧迫される感じ」とか「意図しないところが膨らんでいく焦燥感」とか「終わりが見えない苦しさ」とかを味わいたい。え? そこ?

いやー、でも、そこだわ。そういうのが楽しいんだわ。

なんだっけ、なんか、人は、「ストレス」を楽しむ生き物とかじゃなかったっけ?
あのー、絶叫系の乗り物とか。それもストレスがかかっている状態なわけで、そのストレスそのものを楽しんだり、あとはそこから解放されたときが良かったりするのよね? 分からんけど。適当なこと言った。でも、あながち間違ってもいないと思う。

長編を書いて、プレッシャーとストレスに圧迫されて、脱稿して解放感を得る。最高に楽しいやつだわ。

あー。やりたーい。

のんびりしてます

最近ずっと調子悪いなーと思ってたけど、なんか理由が分かった。300P本を出すとき、AM3:00まで原稿してるような生活が一ヵ月くらい続いてて、なんかそれが当たり前のようになってその後も毎日そのくらいまで起きてた。それだ。無理だよ。それは。当り前じゃない。もう若くもないのに。なにを3時間睡眠を当然のように過ごしてるんだ。意識して0時前には寝る生活をしようと思う。

さてこのサイトもわりとほったらかしな訳ですが、なんだか萌えが円熟期に入って、まったりと萌えることが多くなったせいですかね。萌え終わってないし飽きてもないけど、あの長編で燃え尽き症候群な感もあり、「爆発力」という点では衰えました。

そしてなにか行動するには、「爆発力」が必要なんだなー。爆発に後押しされてこそ、無茶も無理もできる。今それが足りないけど、でもやりたいことは相変わらずまだいっぱいある。
このままだと「まぁいいかー」とやらないまま終わってしまいそうで嫌だなぁ。

絶対にこれだけは……! というものが2つあるので、少なくともそれはどうしかしたい。あ、いや、3つかな。あー、でも、あれもやりたいから…………。

燃料が要る。燃料が要るよー。
みんな、オラにヒルルイをわけてくれ……っ!

そしてもうすぐクリスマスです。クリスマス。なんていうか、ルイヒルルイになってから、クリスマス妄想は俄然難しくなりましたね。だってクリスマスボウルあるもの。しかも、両方が目指して、片方は行けて、片方は行けなかったクリスマスボウル。ふぁー。ちゅらい。
同人なのでその辺は都合よく無視するとかいい具合に解釈するとかして、二人にも恋人らしくデートしたりパーティしたり喧嘩したりしてもらえば良いわけですが、どうにも引っかかる。

なんか、「ごめん」って話じゃないじゃない? 「オレだけ行っちゃってごめん」みたいな。それはもう全然違いすぎるしお前舐めてんのか!ってなるし、当然ヒル魔さんだってそんなこと思わない。
でもそしたら、落としどころをどうしたら良いの。「いーだろー」って自慢するのも違うし、もう触れないしかなくない? 少なくとも、ヒル魔さんからは触れられなくない?
いや意外とイケるのか? そんな腫物のように扱うからどうしようもなくなるだけで、気にせずがっといっちゃったら意外となんでもないことなのか?

あ、むしろ、そういうヒル魔さんの葛藤を掘り下げたお話とか良いんじゃないの?

わー。やめてー。これ以上私にやりたいことを増やさないでー。
こなせない! もうさばききれないから!

ちょっと誰かやっといて!

1 2 3 4 5 10